クレジットカード現金化 自分で売買して換金するのとどちらが良いのか

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠の有効部分を使って、現金を作る方法です。総量規制の法律や、みなし金利の撤廃によって、かなりの人が貸金業者からのキャッシングが困難になってしまいました。それでも物入りというのは起こるものですから、なんとかお金を作れないかと考えるものです。そういったときにクレジットカード現金化は大変役立つサービスです。ネット上だけで手続きが済む業者もありますし、店舗型もあります。どちらでもその日のうちに、最短では15分程度で現金が指定口座に振り込まれるか、手渡しされます。あくまでもショッピングをして、それを買い取ってもらっている、もしくはキャッシュバックを受けているということで、お金が戻ってきているわけです。あとはクレジットカードの支払いを、コツコツといつも通りに行っていればいいのです。還元率は80%から90%程度が多く、次に日の換金でもよいというときには換金率が良いといったサービスを提供している業者もあります。自分で売買して換金する時と比べて、手間や時間的にはかなり優位性があるとみられます。こういった手軽さで、近年ユーザーを増やしている業種の一つです。

ただし、クレジットカード現金化は、はっきりと還元率が決まっています。業者ごとに若干の違いはありますが、ショッピングした金額を換金率が上回ることは絶対にありません。この差額が業者の儲けの部分になります。自分で売買するときには、需要と供給のバランスや、レア度によって、買った価格以上で売れるということもないことではありません。例えばコンサートチケットや美術品などは、そういった可能性も高いでしょう。反対に、買った価格をはるかに割る30%や60%程度でしか売れないということもあります。「相場」も日々変動します。いい時もあれば悪い時もあるわけです。また、質屋に持っていく、もしくは金券ショップに売るといったもの以外であれば、ネットオークションを利用も少なくありません。還元率100%を超えるケースは、オークション利用が多くなります。オークションはそれなりに時間もかかります。即金ということはありえませんので、今すぐにお金がほしいという人にとっては、不向きです。還元率に確実性がないのは困るという人にもマッチしていません。そういった確実性を求め、なおかつスピーディーでなくてはならないといった時には、クレジットカード現金化の利用がおすすめなのです。

携帯料金の現金化・換金は三つ葉STOREへ

PAGETOP
Copyright © 現金化と換金をまるっと解説 All Rights Reserved.